腰痛の種類

画像の説明

急性腰痛症

いわゆるギックリ腰と呼ばれるもので
突然、腰に激しい痛みがおきます。
筋肉の疲労や弱化などの基礎体力の衰えに
無理な動きや悪い姿勢が引き金となって発症します。
安静にして激しい痛みが治まるのを待ちましょう。

慢性腰痛症

二足歩行をおこなうようになった人類特有の症状で
腰背部が不快な状態です。
筋骨格系が原因となるものがほとんどですが
症状の部位によって若干異なります。

腰部痛

胴体の肋骨と骨盤の間、横側が痛くなります。
身体のバランスの悪さから疲労が溜まって
おこることが多いです。

臀部痛

骨盤部分に痛みがでます。
横側の痛みは殿筋の疲労や損傷からきます。
下側の痛みは坐骨神経からくることがあります。
座ってる時間が長いとか、特殊な作業姿勢とかが
原因の事があります。

背部痛

肋骨あたり、腰よりやや上が痛むもの。
運動不足からおこることが多いです。

その他の疾患からくるもの

椎間板ヘルニア

あまり腰痛とは関係ありません。
下肢が痺れたり、痛みがはしれば疑いましょう。
MRIで診断できます。

腰椎骨折

若年層だと分離症、特にサッカーなどの激しい運動に起因します。
年配層では圧迫骨折、転倒や尻もちなどで骨折します。

骨腫瘍

姿勢を変えても痛みが変わらない、夜間痛などがあれば
疑いましょう。

内蔵の病気

腎臓・胆嚢・胆管など。




腰痛の原因を取り去れば緩解してゆきますが
原因がわからない、取り去れない腰痛は
是非、カイロプラクティック ボディワークス豊中へ!

画像の説明